あの頃の“お宝盤”探索路

元々、ヘヴィーなレンタルレコード・ユーザーだったわたしが、カセットボーイからレコードコレクターに転向するきっかけとなったのは、ディスコで覚えた曲がレンタル店になく、それをどうしても手に入れたくて輸入レコード店に足を踏み入れたことからでした。(当時、わたしと同じ道を辿った方も案外少なくないのでは?)

そんな駆け出しのレコードコレクターだった ’80年代、レコードディグが何より楽しかった時のどうでもいい回顧的話題をひとつ。


バブル絶頂期の1986~8年頃から、ディスコ系レコードの収集家達(勿論わたしも含)が それこそ血眼(オタっぽくていやな言葉ですね笑)になって探していた5タイトル。当時はすでにクラシック化してディスコでも人気。さらに、定番・人気ナンバーを中心にかかりまくる学生ダンパ(死語)隆盛の時流も拍車を掛けたように思います。(当時の都内学生ダンパ・チャートでも常に一位は「テレフォン・オペレーター」でしたね)

  • PETE SHELLEY – Telephone Operator [12″] (ピート・シェリー / テレフォン・オペレーター)
  • U-BAHN X – Young Hearts Of Europe [12″] (ウーバーンイクス / ヤング・ハーツ・オブ・ユーロ)
  • LISA – Sex Dance [12″] (リサ / セックス・ダンス)
  • ART ATTACK – Mandolay [12″] (アート・アタック / マンドレー)
  • D.D. SOUND – Café [LP] (D.D. サウンド / カフェ)

どれも今となってはなんてことのないレコードばかりですが、このリストに目を通したマニア歴数十年という同士なら分かるはず。当時は高嶺の花どころじゃなく、実際に数万から数十万というプレミア価格で取引されていた”ブツ”です。中古レコード店に足繁く通う日々にも疲れ果て、DJやハードコレクターに足許を見られつつ直接言い値で譲ってもらった人も居ることでしょう・・・ 当時は旧楽曲を積極的に取り上げるようなオムニバスCDも少なく、情報も希薄。 もちろんインターネットもYoutubeもない、そんな時代でした。

今もわたしの手元には、愛知県は名古屋のディスコ系レコード専門店が掲載した、’89年の雑誌広告窓(誌上オークション)が残っています。当時、D.D. サウンドのアルバムを必死に探していたわたしも迷わず電話をしました。 愛想の良い店主とおぼしきに「値段は8万円です。帯?それはないけど状態良いですよ!DJなら店の経費で落とせばいいじゃないですか?もちろん領収書切りますよ」と営業されました。さすがに学生身分でレコード一枚にその値段は手の出ない話でした。 因みにこの専門店はそのあとまもなくして”MEGA-MIX”と名を変え、’90年代のディスコ/クラブ系新譜レコード・シーンを牽引することになります。

そうそう忘れてはいけません。これらのレコードの高騰真っ只中、「テレフォン・オペレーター」と「セックス・ダンス」、そして「ヤング・ハーツ・オブ・ユーロ」は音源のない店のため、そして何よりマニアの渇きを癒すために国内DJリミックス・チーム“HYPERSONIC”が独自にカヴァーを作ったりもしましたが、 結局は逆効果。それによってより一層オリジナル盤への物欲が刺激され、プレミア相場上昇を手伝う結果になっただけでした。

そんなさなか、マニアの渇きもそろそろピークに達するであろう ’90年の7月。突然、日本中の好事家を狂喜させる大事変が訪れるのです。なんと、当時の国内ダンス・レコード供給の中心を担っていた輸入レコード店CISCOがオリジナルレーベルに働きかけて、「テレフォン・オペレーター」の正規ライセンスによる再発盤を切り、 立て続けに「セックス・ダンス」(’90年8月)、「ヤング・ハーツ ・オブ・ユーロ」(’90年10月)と次々にオリジナル音源の再発を敢行。価格高騰の波は一気に収束へと向かうことになったのです。

そしてさらに数年のち、東京は渋谷の専門店、MANHATTAN RECORDSがD.D. サウンドのLPをイタリア・プレスで正規再発。 そのちょっと前にはテイチクから国内盤CDも復刻され、それまで’幻の音源’だった16分に及ぶ「カフェ」フル・ヴァージョンが手の届くものになっていましたが、DJやコレクターにはまだまだアナログ・ソースの需要が圧倒的だったのもあって、黒盤での発売は大いに歓迎されたものです。 また一方では、’90年代半ばの空前のアナログ・ブームの中で国内ディーラーによるアメリカの現地買い付け盤が中古市場を潤わせ、アート・アタック「マンドレー」のUSオリジナル原盤あたりも積極的に輸入されたことで、引く手数多だった凄まじいまでの勢いは鎮火していったのでした。


さて余談ながら、わたしの入手顛末記と言えば・・・

「テレオペ」と「ヤング・ハーツ ~」はCISCOの再発盤で初GET、D.D. サウンドは、国内通販で遂に手に入れた一枚が、インスト・ヴァージョンのアメリカ盤という辛酸を舐めてから数年後、常連だった地元中古レコード店のオークションに参加し、数万円で帯付き国内盤を落札して入手。「セックス・ダンス」も、懇意にしている地元中古レコード店を通してアメリカのメールオーダーサービス経由でアメリカ原盤12インチを入手。「マンドレー」は、地元からちょっと離れたレンタル・レコード店でフランス盤を偶然見つけ、借りたまま「紛失した」と虚偽の申告で返却しないという、今だから言える確信犯的蛮行で手に入れました。

当時の若い情熱を注ぎ込んだ思い出のレコードたち・・・ レア盤としての価値はとっくになくなりましたが、 悲喜こもごもの記憶も一緒に、今もレコード棚の一角に眠る大切なコレクションです。「このまま死ぬまで手放さないんだろうなあ」なんて呟きつつ、この記事用に写真を撮るため引っ張り出した、二度と針を落とすこともないであろう青春の遺物を見つめるアラフィフの今日です。

⇒ Clubberz Records [クラバーズ・レコーズ]

Technics SL-1200GLD 【ゴールド・モデル】 販売中!

DJプレイ用ターンテーブルの世界標準機:テクニクス《SL-1200》シリーズから、生産累計300万台達成を記念して日本国内500台限定で発売されたヴィンテージモデル『SL-1200GLD』が入荷しました。もちろんワンオーナー品。部屋のインテリアとしてディスプレイされていただけの未使用品ですので、美品をお探しの方にも自信をもってお勧めします。

《2019年11月更新》 おかげさまで完売しました。ありがとうございました。

⇒ Clubberz Records [クラバーズ・レコーズ]

ディスコティックの神話 2017

北の地・札幌で毎年恒例になった一大ダンス・イヴェント『~ディスコティックの神話~』。今年度は来たる6月30日(金)に1,000人収容のイヴェントホール “ジャスマックプラザ ザナドゥ”(中央区南7西3)にて開催されます。

前回までの常連で全国区に名の知れる、元・“釈迦曼陀羅” DJ:トニー荒関が不参加なのは残念ですが、そのスピリッツを受け継いだ北海道所縁のDJ陣が、1,000人を数えるオーディエンスを、今年もまた熱狂のダンスフロアへと誘(いざな)うことでしょう!

ユーズド・ダンス・レコードショップ “クラバーズ・レコーズ”ではイヴェントの前売りチケットを取扱っています。しかもクラバーズ・レコーズ限定企画として、通常前売り料金:3,000円をお買い得な特別価格:2,800円で販売中。さらにダブル特典としてイヴェントの興奮を自宅で味わえる「オリジナル・ミックスCD」(先着20名限定)をプレゼント。
前売りチケットは是非、クラバーズ・レコーズにご用命下さい!

⇒ Clubberz Records [クラバーズ・レコーズ]

マハラジャなあの頃

東京で人気のプレイスポット(死語)だったディスコティック:“マハラジャ” 麻布十番本店。バブル景気の活況期とも重なり、日本全国にその名を轟かせました。

マハラジャ本店

その地で’85年のオープニングから’87年末まで、チーフDJとして主に営業ラスト1時間を担当、黄金期のマハラジャ・サウンドを確立させたDJネーム“ヨサク”こと長谷川晃一郎氏がこちら
http://kh-r.jp/profile

氏こそが僕のダンスミュージック嗜好やDJ観に多大な影響を与えてくれた、真のプロフェッショナルDJでした。ヨサク氏がプレイした毎夜のラスト一時間強は、当時も今もすべての営業DJが見習うべき最高のお手本だったことに決して異論を認める気はありません。

そのセンス抜群の選曲眼はプロDJとして当然としても、2曲を同時掛けしてのクロスフェーダーミックス、つなぎのインパクトや客寄せのピンポイントで短く曲を混ぜるトリックプレイ、のちのマハラジャで御馴染みとなるサンプラーによる効果音のインサート等々、常に手抜きなしで圧巻の一語に尽きるDJテクニックを披露。オンエア曲ひとつをとっても、決してメインヴァージョンに拘らず、最もダンスフロアに映えるヴァージョンをチョイスして使う姿勢にも、フロアの空気を最高の状態にチューニングする”営業”DJとしてのプライドを感じずにいられませんでした。

そう、例えばフリースタイルのヒット・タイトル「Two Of Hearts」という曲。これは最初、アメリカのインディレーベルからリリースされ、好調なフロアアクションに目を付けたメジャーレーベル『ATLANTIC』が版権取得、すぐに再録音版がリリースされましたが、ファースト・ヴァージョンは洗練度に劣る分、アグレッシヴにエフェクト処理されたヴォーカル等、営業用途に使用するのに相性の良いアレンジが魅力でした。勿論、当時のマハラジャでプレイされていたのはこのヴァージョン。また、日本語カヴァーもヒットした「Cha Cha Cha」は出だしにインパクトのあるアメリカ盤オンリー・リミックス・ヴァージョンだけを徹底使用。その他、ハイエナジー・サウンドの大ヒット「Pistol In My Pocket」はインストの長い導入部を経て、ブレイク一閃メインコーラスに突入する“Dirty Harry Mix”を主に。さらにこの当時、毎夜のラストナンバーとして定番化していた「Telephone Operator」をその座から引き摺り下ろしたD.O.A.のメガヒット「Something In My House」は、最もメジャーな“U.S. Wipe-Out Mix”ではなく、セカンド・リミックス“Mortevicar Mix”がチョイスされ、締め括りの一曲として使われました。

その当時、どこのディスコでもヘヴィーローテされていたヒット曲でさえも、使うヴァージョンに妥協しない姿勢は、まさに一流の職人の姿でした。バブル景気真っ只中とは言え、マハラジャ本店の栄華隆盛はヨサク氏のDJプレイなくしては有り得なかったはず。

マハラジャ本店 DJブース

その後、ヨサク氏が離れたあとのマハラジャでは、よりサンプラーを多用したユーロビート・オンエア率が高くなり、アルティミックス、ホットトラックス等のDJ用リミックス盤が続々と届けられるようになった時期でもあり、 そうしたDJ用プログラム盤から出ているヒット曲は(一部例外はあれど)ほぼ全てそれで賄うという、悪く言えば安易なヴァージョン・チョイスが主流となっていきました。そして、それは同時に、それまで存在した”マハラジャ”ならでは、のスタイルやこだわりの消失でもありました。

そして’90年代半ば過ぎ、麻布本店は静かにクローズの時を迎えますが、その末期レギュラーDJ陣のプロ意識に欠けたあまりのお粗末を見るに、ヨサク氏のスピリッツが最後まで継承されなかったことも甚だ残念でなりません。

さらに、時は流れて2011年。東京は六本木に蘇ったマハラジャのオープニングDJとして復活、今もクリエイティヴな第一線で活動を続けるヨサク氏の今後の躍進にも大いに期待するところです。

⇒ Clubberz Records [クラバーズ・レコーズ]

追悼: 菅井えり(ERI)


2016年末、ディスコ族には「おもいがけない恋」で知られるミュージシャンの菅井えり(ERI)さんが天に召されました。ここに謹んでご冥福をお祈りします。

病気療養中と伺って以来、数十年ぶりに幾度となく針を落としていた1986年のデビュー・アルバム『SKIP!』、そしてセカンド・アルバムの『RING MY BELL』・・・
どちらも僕の若かりし頃の想い出が詰まったアルバムです。

Eri Original Albums

ファーストは彼女自身が大好きだったと言う、60’s.アメリカンオールディーズを下地に、“山達”風コーラスと“大瀧ナイアガラ”風アレンジが心地良い「ダンシング・シューズ」、「ON THE RADIO」を収録。さらに「恋はドーナツ・ショップで」「SUNSET STREET」「WITH LOVE」、そして「ロンリネス」といった洗練されたポップ・フィーリング満載の名盤です。(ちなみに彼女のデビューシングル(7″)は「ダンシング・シューズ」。前年に出た「おもいがけない恋」はあくまでプレ・デビュー盤といった位置付けのようです。)

セカンドは哀愁のメロディとコーラスに心癒される、僕にとっては30年変わらぬフェイヴァリット・バラッド「Stardust Paradise」、そして最近、“ライトメロウ”コンピにセレクトされたシティ・ポップ「最後のVacation」がいい。


透明で澄んだヴォーカル、そして彼女の作り出すピュアなメロディは、感傷的な気分で聴くにはちょっと涙腺への刺激が強すぎますが、今はあえて溢れる感情を抑えずに心の趣くがまま彼女に哀悼の誠を捧げたいと思う。

間違いなく僕の青春のワンシーンに刻み込まれた名曲/名シンガーに永遠の感謝を込めて・・・

合掌

⇒ Clubberz Records [クラバーズ・レコーズ]

“SL-1200” 華麗なる復活!


パナソニックから、“Technics”ブランドのアナログ・ターンテーブルがついに復活エクステンション

昨年(2015年)のプレスリリースで話題をさらっていた最新型“SL-1200”が、その全貌を現しました。その名も き『SL-1200G』き

SL-1200G 1

新開発のダイレクト・ドライブ・モーターを採用。伝統と最先端技術を結集し、高音質を徹底的に追求した、DJユーズとピュア・オーディオ用を合体させたモデルです。ヘアライン仕上げのクールなアルミニウム製筐体は、DJ用CDプレーヤー『SL-DZ1200』とも相性ぴったりに融和しそう 手

SL-1200G 2
SL-1200G 3

今夏、1,200台限定(シリアルナンバー入り)/50周年記念の上位モデル『グランドクロス SL-1200GAE』を、 そして暮れにスタンダード・モデル『SL-1200G』を、順次市場投入予定。


販売予価も凄いらしいけど、まずは限定モデルを数台確保したいマニアなわたしです 笑

⇒ Clubberz Records [クラバーズ・レコーズ]

ベスタクス墜つ

ついに、というか、寧ろよくここまで持ち堪えたというべきか・・・
昨年の年の瀬に、DJ機材で名を馳せたベスタクス・コーポレーション(Vestax Co.)が倒産。
あのPioneerすらが業務譲渡しなければならないほどの厳しいDJ機器業界ですもの、まぁ当然の結末だったのかもしれません。

はっきりいってベスタクス(以下:ベスタ)は嫌いでした(笑)
ここの出す製品の斬新性や革新性、機能性は認めるものの、常にスタイリッシュとかクールといったセンスとは真逆の“垢抜けない”デザインとカラーリングの毒々しさ。しかも外観だけじゃなく耐久性やコスパ含めた総体的性能もどうも今いち。必ずしもそれが理由というわけではないまでも、ビギナー脱却者ならまず選ばないメーカーとして結局、タンテ、ミキサー、ラップトップ系、その他アクセサリー類に至るまで、DJ機材に何ひとつ本当の“定番”を生み出すこともできずにその幕を閉じたわけです。

’90年代以降 ’00年代前半までのDJブームに乗って、特にHip-Hopカルチャーへの迎合でブランド力を躍進させたものの、主力のDJミキサーすらも、最後まで‘スクラッチを競うバトルDJ’などという狭いカテだけで重宝されるトホホ状態から脱却できず仕舞い。

ご存知のとおり、アナログタンテはTechnics、CD-J & DJミキサーはPioneer、PCはNative Instrumentが業界標準機。
Pioneerにシェアを奪われるまで、ミキサーだけはそれなりに現場でも目にすることがありましたが、デジタル機器が主流となる’00年代半ばには、そんな光景も見られなくなりました・・・

品質うんぬん言う前にまずは見た目から入るボク(というかそういう人って多いです)なんかは、ベスタの隆盛時から新製品のラインナップ見るたびに、その垢抜けないデザインや奇抜な色使い、はたまた妙ちくりんな材質まで苦笑失笑の連続だったのですが、それでも長い歴史の中には「これ好き!」と思わせる機器もあり、基本バカにしつつもなんか憎めない奴ら・・・ そんなイメージを持っていたものです(笑)今にして思えば、あの一目で分かるルックスもベスタ‘の個性だったのでしょうね・・・

そんなベスタの回顧録としてボクが所持している(た)現役機材(一部退役)を列挙して、今は無きトップ(?)DJメーカーへ感謝(なんの感謝だ?)と哀悼を捧げたいと思います。


MR44
Vestax MR44

dbx搭載/4ch.マルチトラック・テープレコーダー。
スタジオやDJブースのコンソールはめ込み型の業務用機。操作性良く堅牢で今も現役。
それにしても、発売当時どれくらい売れたんだろう?すごく稀少だと思うよ、これ(笑)

CDX-12
Vestax CDX-12

モービルDJに愛された、ミキサー内蔵のデュアルCDプレーヤー。
これぞベスタ!と言わんばかりのありえないボディカラーと素材の組み合わせ(メタリックグリーンの本体になぜか白木材w)で売り出されたんですが、ひっそりとブラックカラーもラインナップされていて、こちらはベスタ本来のイナたさは残しつつもかなりクールな趣き。木材部も黒く染められ、つまみやノブはゴールド。(因みにこのあとシャンパンゴールドの本体カラーで出た改良型後継機【CDX-15】も良かった!)。ただ耐久性の欠如という致命的欠点(と言うか欠陥)があって、すぐにどちらか一方のCDアセンブリがダメになります。ボクは片方ダメになる度に別のを手に入れては移植を繰り返しつつ、今は4代目を使用中です(笑)

PCV-275
VESTAX PCV-275

3ch.ハウス/テクノ系ミキサー。
デザイン的にはベスタらしい残念な箇所も見受けられど、音の良さと使い勝手の良さで今も人気の名機です。シャンパンゴールドの安っぽくないカラーリングもいい。自分の使用したベスタ機材としては最もお気に入りの一台。

VCI-100
VESTAX VCI-100

ベスタとしては初代のMIDIコントローラー。
このあと出たMK2を待つべきだったかな?と後悔した時期もありました(笑)
でもホームユーズには不便なく、操作性も悪くないです。

この他にも縦型3ch.&横型4ch.ミキサー、CDJプレーヤー、そして4種のアナログタンテを使っていましたが、どれも使い込まないうちにお蔵入りか手放しちゃいました。


《P.S.》
2016年の追記になります。
ベスタ倒産前から10年以上、経営から退いていた創業者:椎野秀聰氏自らがベスタクスを復活させました。
その名も『STP/Vestax』!これは今後に要注目です。

⇒ Clubberz Records [クラバーズ・レコーズ]

Nice ‘N’ Slow


ダンス・クラブ(やディスコ)のタイム・テーブルでは、今も昔も一頻り盛り上げたあとのクール・ダウンに、はたまた営業終了の客出し時にスロウ・タイムを挿入するスタイルは変わらないのでしょうが、ボクの時代(’80年代)のダンス・フロアではスロウ・タイムにはチーク・ダンス、という今じゃ見られないだろう光景が割りと当たり前でした。(まぁ、今にして思えば自分も含めて世の中もろくすっぽ知らないマセガキどもの何がチーク・ダンスだか(笑)って感じですけどね)

そんな当時のスロウ・タイムで鮮烈な印象を与えてくれた楽曲群の中でも、特にノスタルジックでモノクロな感傷に浸らせてくれつつ、未だ新鮮な感動をも呼び起こしてくれる、自分の中の永遠の定番曲をいくつかピックアップしてみました。カンペキ自己満足な世界ですが・・・ もし良かったら、もう一度ボクと踊ってください!(笑)

■ ROCKWELL / Knife [1984]

マイケル・ジャクソンの参加(=ヴォーカル)も話題だった、名門『MOTOWN』からのデビュー・アルバム「スキャンダラスな肖像」(邦題)の中の一曲。これぞチーク・ダンス・ナンバー、といった趣きの甘く切ないソウル・バラッド。

■ TAKANAKA / 渚・モデラート [1985]

これはチーク・タイム向きではないものの、当時通ってたディスコの客出しにチョイスされていた一曲。色気と哀感に満ちた“泣き”のギター・メロが、熱気の渦に焦げ付いたダンス・フロアに涼風を注ぎ込みました。女性コーラスはEVEの3人姉妹(作詞も)。邦楽ジャンルの客出しスローと言えば、この他にも桑名晴子「I Love You」、中原めいこ「涙のスローダンス」、山下達郎「Your Eyes」、アン・ルイス「Triangle Blue」といったDJライクな好楽曲がありました。

■ NEW EDITION / What’s Your Name [1986]

ボビー・ブラウンが脱退して4人組になったNEのオールディーズ・カバー・アルバムに収められた一曲。DON&JUANによる’62年オリジナル・ナンバーを、よりムード満点にロマンティックに歌っています。バック・サウンドもいい。

■ ALEESE SIMMONS / Somebody To Love Me [1987]

BODY「Possession」、ROGER「I Wanna Be Your Man」なんかと一緒に、こと選曲センスに関しては世界屈指のレヴェルだったと断言できる地元・札幌のディスコ『EXING』でよく掛かったR&Bスロウ・ジャム。

■ NIKKI / Notice Me [1990]

全編をリードする哀愁のピアノ・サウンド、美しいメロディに溶け込む、透明でソフトなハイトーン・ヴォイス、そして、過去の彼方に薄れゆく遥か郷愁の想いを乗せて爪弾かれるギター・ソロの優しい音色・・・ 是非、UK盤12インチのロング・イントロ・ヴァージョンで味わって欲しい珠玉の一曲。これも『EXING』で聞いた曲。

⇒ Clubberz Records [クラバーズ・レコーズ]

『Technics SL-1200』シリーズ: フルオートマティック・モデル


DJ用アナログ・タンテの定番と言えば、言わずと知れた『Technics SL-1200』シリーズ。

1970年代初頭にリリースされた初代を経て、DJユーズを意識したフル・モデルチェンジで市場に送り込まれた‘MK(マーク)2’モデルから、その歴史は始まりました。それ以降は改良されながらマイナー・チェンジを繰り返し、最終ヴァージョンの‘MK6’モデルまで定番機器としてシーンに君臨。その後、デジタル機器に取って代わられ、DJブースでのシェアがどんなに小さくなろうと、今までもこれからもダンス・フロア系アナログ盤の“絶対”再生機器として愛され続けることでしょう。

そんな‘MK2’モデルが新発売された1970年代中頃、それの上位機種としてラインナップされたD.D.フルオート・タンテこそが写真の一台『Technics SL-1600MK2』でした。

このモデル・・・ 見ての通り、前部に操作パネルを据えた他は『SL-1200』そのものの外観!トーンアーム・ユニット、プラッターからスタイラス・イルミ、そして駆動モータまで、同一部品も多い、まさしく『SL-1200』のフルオート・ヴァージョンといったモデルです。もちろん、±6%のピチコン付き、マニュアルでの操作も可能の万能機。オート・リピート再生まで出来ちゃいます。

当時はレコード・プレーヤー全盛期で、中途半端に高めな本体価格や競合メーカーとのシビアな販売競争もあったためか、あまり市場にも出回っていないのですが、最近、ぶらりと立ち寄った某・中古楽器ショップにて初遭遇、 “フルオート機能故障”と書かれたジャンク・カードと、その割りには強気に設定された価格に躊躇しつつも、初めて目の当たりにしたその衝撃と高鳴る購買欲求を抑えきれず、勢いでゲットしちゃいました(笑)その後、ちょっとした部品交換でフルオート機能も無事回復、各部各所にメンテを施し、完動品としてここに蘇りました!
そして早速、お気に入りの一枚に針を乗せてみたわけですが・・・
これが思っていた以上にいい・・・ 抜群にいい!!音も良ければ使い勝手も最高。フルオートの便利さって病み付きになりそうですね(笑)針を乗せたり戻したりが要らないフルオート・システムは、一面演奏時間の短い12インチ・シングル中心リスナーにこそ嬉しい機能のような気がします。

このヴィンテージな逸品、ネットオークションにもたまに出品されるようなので、是非ホームリスニング専用機としてお勧めしたいです。

⇒ Clubberz Records [クラバーズ・レコーズ]